特許出願中のイノシシ専用忌避材!

せっかく育てた作物がイノシシの食害にあったり、イノシシのせいで怖い思いをしていませんか?
しし防は特許出願中のイノシシ専用忌避材です。
まずは動画をご覧ください。

高い安全性

しし防の忌避成分は食品添加物です。安全性が高く、環境に悪影響を与えません。
また、イノシシの嗅覚に訴求する製品なので、人間にはほとんど臭いがわかりません。

設置が簡単

しし防の設置は簡単です。
イノシシの侵入を防ぎたい土地の周りに支柱とロープで囲いをつくり、高さ40~50cmの位置に、1.8m程度の間隔でしし防を取り付けるだけです。
既存の柵などがある場合には、それを利用して設置することもできます。

イノシシの侵入を防ぎたい土地の面積とそこに必要なしし防の本数は概ね下表のとおりです。
範囲が広いほど、しし防の必要本数は少なくなるのでお得です。

土地の面積 外周の長さ(※) 必要本数
1畝・1a・100㎡ 約40m 約22本
1反・10a・1,000㎡ 約128m 約71本
1町・1ha・10,000㎡ 約400m 約222本

※ 外周の長さは土地が正方形の場合の数値です。
※ 必要本数は外周の長さを1.8m(設置間隔)で割った数値です。

メンテナンスフリーで1年間効果が持続

しし防のプラスチック容器の中には、忌避成分が入ったガラスアンプルがあります。
容器を軽く折り曲げてガラスアンプルを割れば、忌避成分が放散するようになります。
忌避成分の有効期間は、使用開始(ガラスアンプル破割時)から約1年間です。
プラスチック容器に入ってるので雨にも強く、イノシシが嫌がる臭いを放散し続けます。

しし防 取扱説明書(PDF)

お見積・お問い合わせはこちらからどうぞ